最新記事

看護師が、病院を一旦退職する理由として結婚を理由とした退職が最も多いです。
現在では、働きながら出産や育児をする環境は、以前に比べると少しずつ改善されています。
育児休暇も取りやすくなっていますし、休業できる期間も延びています。
そこには、看護師が売り手市場とよばれる現在の転職事情があるのは間違いないでしょう。
看護師の資格は国内ならどこでも通用しますし、以前ほど看護師不足はいわれていませんが、それでも他の職種に比べると転職しやすい分野です。
出産や育児でいったん職を離れても転職がしやすく、そんな事情が看護師の既婚率を高めているともいえます。
インターネットでは看護師専門の求人サイトがあります。
育児後の復帰の際はこのような求人サイトを十分活用して、すこしでも有利な条件で就職することを目標にしましょう。
福利厚生の充実した総合病院か、日勤のみで融通の利く個人病院のどちらも就職はしやすいでしょう。
|